突然のことでも慌てないために|後悔しない葬儀をサポート

亡くなってから行うこと

線香

故人への末期の水

大阪の病院などで家族が亡くなった場合、葬儀まで故人に対して行うことが3つあります。1つめは「末期の水」で亡くなった人に蘇って欲しいという気持ちと、あの世に旅立つときに喉が渇かないようにという意味から行われている儀式です。方法は故人の唇を割り箸の先に水を含ませたガーゼか脱脂綿を巻きつけたもので湿らせます。2つめは「清拭」で看護師が故人の体に行うもので、全身をアルコールのガーゼで清めていき口や耳、鼻に脱脂綿を詰めていくことです。3つめの「着替え」では葬儀に向けて体を清める湯灌を行ない新しい服に着替えて死化粧などを行います。湯灌は看護師がアルコールで行うものとは違って故人が旅立つときの儀式として、お風呂に入れてあげるもので専門の会社が行なってくれます。これらが大阪などで亡くなった後、葬儀まで故人に対して行なってあげることです。

すぐに死亡診断書をもらう

家族が亡くなった直後から、遺族は悲しい気持ちの中でも色々な手続きを葬儀に向けて行っていかなくてはなりません。 大阪などでも亡くなってからすぐに死亡診断書をもらいます。これは火葬許可証をもらうために必要なもので亡くなった病院の医師から記入してもらいます。そして死亡診断書とともに死亡届も記入してもらいます。それを持って故人の本籍地もしくは住所地の市町村の戸籍か住所登録窓口に持っていきます。これと同時に火葬許可証申請を行います。この手続きにより故人の住民票が取り消され死体火葬許可証が交付されます。 受付は24時間行なっていて7日以内に手続きをしなければなりません、また国外にいるときは3ヶ月以内の期限があります。これらは自分たちで行うこともできますが葬儀社に代理で届出をしてもらうことも可能です。これらが大阪などで家族が亡くなった直後から葬儀に向けての手続きになります。

自分が死ぬ前に行う事

笑顔の老人

生前整理をする際に弁護士に相談して遺言書を作成したり、業者に頼んでいらない物を処分すれば残された家族に迷惑をかけずにすみます。生前整理でする事はエンディングノートに家族のメッセージを書き留めたり、遺言書を作成したりします。

もっと見る

遺品の処分を任されたなら

ダンボール

膨大な量の不用品の仕分けやゴミ出しが必要となる遺品処分を行うにあたっては、遺品整理専門業者のサービスなどを活用するといいでしょう。ただし、一切合財を短時間で処分されてしまうため、利用にあたっては事前に形見分けを行っておくことが重要なポイントです。

もっと見る

業者が多い

ジャケットのメンズ

東京には一人暮らしの高齢者が多数います。そのような人の遺品整理を業者に依頼するという人が増えてきています。パソコンやスマートフォンを利用することで、複数の業者に見積もりを依頼することが出来たり、口コミを知ることが出来ます。

もっと見る

おすすめサイト

  • こころあ堂

    こだわりのある仏壇探しをしたいならここ。自宅の雰囲気などを考慮すると選びやすいので目を通しておきましょう。
  • 沖縄県メモリアル整備協会

    美しい自然に囲まれた場所で永代供養を利用してみませんか。ご先祖様も、豊かな自然に囲まれながら、眠りにつくことができます。
  • 旅立ちをゆっくりと過ごす家族葬ガイド

    親しい間柄だけで、行なえる葬儀になるのが家族葬です。通常の葬儀よりも、費用が安いというメリットがありますよ。